J.Score(ジェイスコア)|審査と金利、口コミを検証

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは、仮審査が最短30秒と早く、金利も市場最安水準。さらに若い年齢の人でも金利が優遇される可能性があることで、今話題の個人向けローンです。

AIスコア・レンディングの最大の特徴は、AIスコアを活用していること。AIスコアに基づいて、融資限度額と金利が事前に設定され、いつでもスマホから確認することができます。

審査内容の重要な部分が、利用者本人にあらかじめ公開されていて、それを確認してからお金を借りるかどうか決めることが出来るということなんです。

消費者金融や銀行カードローンの場合は、実際にお金を借りる必要が出てきて、審査を受けてはじめて自分の融資限度額とか金利を知ることになります。

思ったよりも自分の信用が低いことを知っても、その時にはもう、どうしようもありません。

AIスコア・レンディングのAIスコアは、AIスコアをアップするための方法も示されています。今のAIスコアが低くても、事前に把握できていれば対処する方法も出てきます。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは、利用者にとって非常に優れた仕組みですが、フィンテック(Fintech)の最先端の金融サービスだけに、あまりに話が上手すぎないか気になる人もいるでしょう。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングの仕組みと、実際の審査や金利、利用者の口コミを検証していきます。

 

 

J.Score(ジェイスコア)は、AIスコアを活用した新しい個人向け融資

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは、2017年9月25日にサービスを開始した、新しい個人向けローンです。

AIスコア・レンディングは、人間では無くて、AI(人工知能)が審査スコアを算出することで、融資までのスピードと低コスト運営を両立させています。

 

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンクのJV

 

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンクのJV(ジョイントベンチャー)として、2016年11月1日に設立されました。

 

J.Score(ジェイスコア)はフィンテックをフル活用

 

フィンテック(Fintech)とは、Finance(金融)とTechnology( 技術)を組み合わせた造語です。フィンテックを活用することで、これまでよりも大幅に低コストで金融商品・サービスを利用することができると期待されています。

J.Score(ジェイスコア)は、日本を代表するメガバンク「みずほ銀行」がFinance(金融)を、同じく日本を代表するIT企業「ソフトバンク」がTechnology( 技術)を担うことで生まれた企業です。

 

日本初のAIスコア・レンディング

 

J.Score(ジェイスコア)が提供する、日本初のAIスコア・レンディングは、AIスコアを活用して与信枠を設定して、レンディング(お金を貸す)するという取り組みです。

AIスコアは海外では日本よりも先に広がりを見せていて、自分のAIスコアをSNSで公開し合うことも一般的になってきています。

 

AIスコア・レンディングの概要

 

  • 金利:年0.8~12.0%
  • 融資極度:10万円~1,000万円
  • 審査方法:AIスコア
  • 審査時間:最短30分(仮審査最短30秒)
  • その他:カードレス方式でスマホ完結

 

J.Score(ジェイスコア)の利用条件

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは、法的には貸金業に分類されます。年齢などの基本的な利用条件は同じです。

 

年齢条件は20歳~70歳まで

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングを利用できるのは、年齢的には20歳から70歳までとなります。若い人にも金利面で優遇する傾向があるJ.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングですが、20歳以下の未成年は利用できません。

 

安定した収入があれば多くの人が利用可能

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは、年齢条件さえクリアしていて、安定した収入があれば多くの人が利用可能です。

 

パート・アルバイトの場合

 

パート・アルバイトでも安定した収入があれば、J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングを利用することができます。安定した収入とは、短期的な臨時雇いでは無く、月給制のある仕事と考えて良いです。

 

学生の場合

 

学生でも、アルバイトをしていて安定した収入があるという人は、J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングを利用することができます。学生の場合は、本人確認書類に加え学生証の提出が必要となります。

 

外国人の場合

 

外国籍の人でも、日本国内に居住して、国内で就労して安定した収入のあれば、永住権が無い場合でも、J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングを利用することができます。外国籍の人は、「在留カード」または「特別永住者証明書」の提出が必要となります。

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコアって何?

 

AIスコアを活用していることは、J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングの大きな特徴です。AIスコアとは、AI(人工知能)が利用申込者の信用状況を独自にAIスコアリングして数値化したものです。

AIスコアと審査は連動しているので、AIスコアの値から、自分が借りることが出来る金額と金利の目処値をあらかじめ知ることが出来ます。これはほぼ、審査結果を事前に知ることが出来るということですから、利用者にとって非常にありがたい機能なのです。

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコアは1000点満点

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングが提示するAIスコアは1000点満点です。スマホの画面上では、円グラフで表示されます。英語検定のTOEICが990点満点ですが、難易度などが感覚的に似ていると感じます。

利用者登録をして18個の質問に答えると、初期のAIスコアが表示されるようになります。

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア600点以上で融資可能

 

利用者登録をすれば、誰でも自分のAIスコアを確認することが出来るようになります。例えお金を借りるつもりが無くても、AIスコア自体は確認することができます。

融資可能、つまりお金を借りるためには、AIスコアが600点以上である必要があります。

 

AIスコアに応じたレンディング条件をすぐに提示

 

融資可能AIスコアが600点以上の場合は、AIスコアに応じたレンディング条件が提示されます。借入限度額と、適用金利は、AIスコアの値に応じて変動します。

例えお金を借りるつもりが無くても、AIスコア自体は確認することができます。自分の借入限度額と、金利水準を事前に把握できるのは非常に便利です。

 

初期AIスコアは2~3分で確認できる

 

利用者登録をして18個の質問に答えると、初期のAIスコアが表示されるようになります。ここまでにかかる時間は、2~3分ほどです。

初期AIスコアの段階では、融資可能な600点に届いていないという場合もあります。でも、ここであきらめる必要は無いんです。

 

追加情報入力でAIスコアアップが可能

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングが提示するAIスコアは、自分に関する情報を追加して行くことによって、成長させることが出来ます。

自分のことをより多く知ってもらえれば、AI(人工知能)の側でもそれだけ正確な審査が下せるようになり、より踏み込んだAIスコアが提示できるというわけです。

 

J.Score(ジェイスコア)の審査時間は最短30分

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは、AIスコアを活用することによって、審査時間が非常に早いことが特徴です。

急にお金が必要になった時、スピード審査、即日融資は何よりもありがたい付加価値です。

 

AIスコアで基本事項の確認は完了済み

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングの審査が非常に早いのは、そもそもAIスコアを算出する段階で、審査の大部分は完了済みだからです。

ほとんどの消費者金融で「審査」と呼ばれる過程の大部分は、AIスコアの算出によってクリアされていて、自分の目でも確認できる状態になっています。

 

 

仮審査まで最短30秒、本審査も最短30分

 

仮審査は、AIスコアに基づいて行われますので、最短30秒ほどで済みます。事実上、お金を借りるための、申し込みの意思の確認が中心と考えて良いです。

仮審査の結果は、すぐにメールで通知されます。ここからが本審査となり、必要書類をスマホで撮影して、案内に従ってWEBアップロードします。

本人確認書類は全員必須で、「契約金額が50万円超」または「他貸金業者との合計利用金額が100万円超」の場合は収入証明書の提出も必要となります。

 

即日融資は平日14:45受付まで対応

 

J.Score(ジェイスコア)は、申し込み当日の振込、即日融資に対応していますが、営業時間には注意が必要です。

即日融資が可能となるのは、平日(月曜~金曜)14時45分の受付分までです。この時間を過ぎてしまうと、翌営業日の振り込みとなりますので、急ぐ場合は注意しましょう。

 

 

J.Score(ジェイスコア)の金利は市場最安水準

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは、AIスコアを活用することで、従来の金融機関と比較すると、人間の手が入る部分が大幅に少なくなっています。

人の手がかからないことで、運営コストを低く抑えることが可能となります。ここで節約したコストを、安い金利で提供することに回しているのです。

 

金利が事前に提示されるから安心

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングで適用される金利は、借入限度額とともに事前に提示されることになります。提示された金利を確認してから、お金を借りるかどうか決めることができるのです。

通常の金融機関であれば、お金を借りる時になってはじめて、審査を経て、利用限度額と適用金利を知ることになります。

借入限度額や金利といった重要な条件を事前に把握できることは、大きな安心感につながります。

 

徹底した低コスト運営で低金利を実現

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは、通常の金融機関で行われる審査の大部分を、AI(人工知能)が行っています。

人件費を大幅に削減でき、さらにインターネット専門の無店舗型でもあり、運営コストは徹底的に低く抑えられています。

 

金利は事実上の最安水準

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングの金利は、年0.8~12%です。AIスコアの値によって変動しますが、仮に最高金利の年12%だとしても、他の貸金業者と比較すると非常に低い金利水準です。

消費者金融は一般的に年18%前後、銀行カードローンは年15%前後の金利が適用されることが多くなっていますので、金利差は歴然としています。

 

みずほ銀行の口座とソフトバンク携帯があればさらに割安に

 

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンクが50%づつ出資して生まれたジョイントベンチャーだけに、両者の利用者を優遇する仕組みが備わっています。

具体的には、みずほ銀行に口座を持っていれば年0.1%、ソフトバンク携帯を利用していれば年0.1%、それぞれ金利が優遇されることになります。(いずれも情報連携に同意することが必要となります)

 

J.Score(ジェイスコア)の返済

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは、インターネット専門の貸金業だけに、借りたお金を返すのも非常に簡単です。

とくに何れかのネットバンクに口座を持っていれば、スマホだけで全てを完結させることが出来ます。

 

返済日は契約時に自由に設定可能

 

登録した銀行口座から口座振替にて返済する場合は、毎月26日が返済日となります。口座振替以外の場合は、契約時に自由に設定可能です。

自分にとって都合のよい返済日を決めることができ、給料日の2~3日後に設定するなどして無理なく返済することができるようになっています。

 

返済方法は、口座振替、ペイジー、銀行振込の3種類

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングの返済方法は、返済方法は、口座振替、ペイジー、銀行振込の3種類です。

 

口座振替

 

申し込み時に登録した銀行口座から、口座振替することができます。口座振替の場合は、返済日は毎月26日に固定です。なお、手数料は無料です。

 

Pay-easy(ペイジー)

 

Pay-easy(ペイジー)が利用可能な金融機関やATMから返済することが可能です。ペイジー支払いの場合、24時間365日返済可能で、手数料無料です。

 

銀行振込

 

銀行振込の場合は、返済可能時間は振込金融機関の営業時間中となります。返済時の振込手数料は利用者負担となります。

 

 

J.Score(ジェイスコア)の口コミ情報

 

J.Score(ジェイスコア)を実際に利用した人の口コミ情報を見てみましょう。

特に、どうやってAIスコアをアップさせるのか、インターネット上の体験談、口コミを引用しながら解説します。

 

初期AIスコア600点以下のケース

初期AIスコア 559点(借入不可
AIスコアアップ後 601点(借入可能に
AIスコアアップ後金利 年12.0%
AIスコアアップ後極度額 10万円
AIスコアアップのために行ったこと
  • 質問に全て回答する
  • みずほ銀行口座と連携させる

全ての質問に回答することで、40点以上AIスコアアップして借り入れが可能な状態に。

さらに初回借り入れ後に、AIスコアがアップしたということです。

初回借入後のAIスコア 673点(70点以上アップ
AIスコアアップ後金利 年10.2%
AIスコアアップ後極度額 120万円

初回借入時に勤務先の情報を入力したことが、大幅なAIスコアアップにつながったようです。

初期AIスコア600点以上のケース

初期AIスコア 644点(借入可能
初期金利 年10.1%
初期極度額 40万円
AIスコアアップ後 686点(40点以上アップ
AIスコアアップ後金利 年9.1%
AIスコアアップ後極度額 40万円
AIスコアアップのために行ったこと
  • 質問に全て回答する
  • ソフトバンク携帯と連携させる

この方の場合は、金利は低い水準となりつつも、極度額は比較的少額の設定に留まるなど、AIスコアが利用者ひとり一人に対して個別の設定を行っていることが分かります。

価格.com ローン情報より

総合評価 満足度5(★★★★★

  • スピード:5
  • 金利:5
  • サービス:3
  • 借入:3
  • 返済:3
利用者の状況 30代男性会社員、年収800万円~1000万円未満
借入用途 借入金の返済用
借入金額 50万円~100万円未満
借入までの期間 2日
審査スピード 仮審査、本審査それぞれ1営業日、合計2営業日
借入金利 事前のAIスコアリング通り、900点、年3.6%
サービスの質(良) 全てwebで完結
サービスの質(要改善) 入力フォームに少し難あり、アップロード画像はpngのみ
借入のしやすさ 全て回答するまでに100問近くの設問があるが、事前の設問に答えれば答えるほどAIスコアが上がり低金利で借りられる確率が上がるので、全て回答しておくと良い。
返済のしやすさ 銀行振り込み、引き落としのみ、もう少し選択肢があると良い。
総評 高AIスコアの人は非常に低金利で融資を受けられる。登録、AIスコアリングは無料なので試してみる価値はある。

 

価格.com のローン情報からは、比較的高額所得者の口コミ情報も見てとれます。

借入金利3.6%と非常に有利な状況で融資を受けることができているようです。

 

まとめ

 

  • J.Score(ジェイスコア)は、AI(人工知能)が算出するAIスコアに基づいて融資条件を算出
  • AI(人工知能)が行う細かな質問に答えることで、AIスコアをアップさせていくことが可能
  • 最終的な借入時には、総量規制(借入額が年収の3分の一かどうか)の確認が行われる
  • 運営コストが抑えられているため、消費者金融等よりも安い金利でお金を借りることができる

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは、人間が審査するのではなく、AI(人工知能)によるAIスコアリングに基づいていることが最大の特徴です。

融資限度額と金利が事前に分かり、いつでもスマホから確認することができるのは、お金を借りる側にとって非常に便利です。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは、AI(人工知能)による運営のため、費用が抑えられていることも重要なポイントです。

金利水準は、消費者金融各社よりも明らかに安い水準であり、有利な条件で融資を受けることができます。

急にお金が必要となる可能性に備えて、J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングに登録してみることをおすすめします。最先端のフィンテックの動きも実感することができます。